メインメニュー
13/03/01 release

2nd Exhibition AGAIN-ST 「首像」—自問するメディアとしての「彫刻」

日程:2013年3月11日(月)- 19日(火)
時間:10:00 - 18:00 
場所:日本大学藝術学部江古田校舎 アートギャラリー/A&Dギャラリー/ChikaEcoda
トークイベント:日本大学藝術学部江古田校舎 アートギャラリー/3月16日(土)18:00~
展覧会名

 

2013年3月11日(月)- 19日(火)まで日本大学藝術学部江古田校舎にて、冨井大裕先生をはじめとする彫刻家、学芸員を交えて『2nd Exhibition AGAIN-ST 「首像」—自問するメディアとしての「彫刻」』を開催致します。尚、本展では本学が所蔵する彫刻家マルセル・ジモンの作品6点も同じ空間に展示します。近代と現代の彫刻が「首像彫刻」を軸に同一空間で対話します。

 

 
2nd Exhibition AGAIN-ST
「首像」—自問するメディアとしての「彫刻」
2013年3月11日(月)- 19日(火)10:00 - 18:00 日曜休み
日本大学藝術学部江古田校舎 アートギャラリー/A&Dギャラリー/ChikaEcoda
TALK LIVE
場所:日本大学藝術学部江古田校舎 アートギャラリー
日時:3月16日(土)18:00~
仙谷朋子、中野浩二、冨井大裕、深井聡一郎、藤原彩人、保井智貴

Text
土方浦歌、石崎尚
「首像」は彫刻を志し、学ぶ者の間では「首」と呼ばれることが多い。この呼び名は普通の社会に照らし合わ せて考えるとちょっとぎょっとする用語である。にも関わらず、全国的に彫刻に関わる者の間でこの呼び名が 通用するのは、「首」を作るということが、彫刻制作をはじめるに際して、最初に通過しなければならない「儀 礼」であると同時に、恐らく彫刻家が最初に見る「自身の彫刻」であるからだろう。何故、首が(彫刻家にと って)最初のモチーフとなるかは、一番手に入りやすく(友人とか恋人とか)場所もとらない(細身の作業台 とモデル用の椅子があれば大丈夫)という現実的な理由もあるだろうが、歴史的には明治期の東京美術学校に おいて日本初の彫塑科が創設された時期にさかのぼって考えなければならない。が、しかし、その辺の事情は 研究家諸子に任せよう。今回の AGAIN-ST において我々が行わなければならないことは、現在も日本の美術 系大学や予備校で作られ、六本木や上野の美術館で発表され続けている「首」が果たして、2013 年のこの現 在に、どの様な意味を発することができるのか、もしくはどの様な意味も発することができないのかについて、 作品を通じて積極的に議論してみることだ。 正直に言えば、現状では旧態依然の「習慣」と化してしまっている「首像という儀礼」に、これからの彫刻を 考える上での「基本行為」として再度、新鮮な眼差しを向けてみたいと思う。基本に帰ることは、自身の過去、 文脈をくまなくさらけ出した上で、再度、自信を問い質すことである。そこにはつまらない理屈や言い訳は必要ない。 正直な心情と誠実な態度のみが要求される。彫刻という出自のあやふやな筋肉男に立ち向かおうという AGAIN-ST にとって「首」は避けては通れない強敵のひとつである。 (文責:冨井大裕)
日本大学藝術学部
〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
お問い合わせ先
TEL/03-5995-8509(美術学科彫刻研究室)
MAIL/tomii.motohiro@nihon-u.ac.jp
協力:日本大学芸術学部美術学科、東京造形大学CS-Lab、ロイドワークスギャラリー、nap gallery 、yumiko chiba associates
企画:AGAIN-ST

 

 

投稿:彫刻研究室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る