メインメニュー
    Chika Ecoda 第 11 回 展示企画 見えてくるもの ̶ 利根川友理と高山良策
    日程:2013年11月11日(月)‒11月22日(金)
    時間:9:00〜20:00 17日(日)は休み 他、施設の都合により 19 時に終了する場合がございます。
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    Chika Ecoda 第 11 回 展示企画
    見えてくるもの ̶ 利根川友理と高山良策
    日時:2013年11月11日(月)‒11月22日(金)9時‒20時
    17日(日)は休み 他、施設の都合により 19 時に終了する場合がございます。
    会場:Chika Ecoda(日本大学芸術学部〈江古田校舎〉西棟 地下1階 美術学科 彫刻研究室脇) 

    日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/


    〒176-8525 東京都 練馬区 旭丘 2-42-1 日本大学 芸術学部 西棟 地下 1 階 彫刻研究室脇

    問い合わせ(担当:冨井):03-5995-8509 tomii.motohiro@nihon-u.ac.jp

    主催:日本大学芸術学部美術学科彫刻研究室


    関連企画:アーティストトーク 11 月 16 日(土)18:00 ‒ 会場:Chika Ecoda 利根川友理 × 小林未央子(本展企画、日本大学芸術学部非常勤講師)

    投稿:彫刻研究室

    13/10/21 release
    大地の芸術祭2012 やまのうえした報告展
    日程:2012年12月12日(火)~2012年12月22日(土)
    場所:chikaecoda
    展覧会名

     

     

     

     

     

     

    やまのうえした 報告展

     

    日程:2012年12月12日(火)~2012年12月22日(土)
    場所:chikaecoda
     
    投稿:彫刻研究室

     

     

    12/12/14 release
    Chika Ecoda第9回企画展示「金切り声のあとでー内山翔二郎と小西光裕」
    日程:2012年5月9日(水)〜6月2日(土)
    時間:10:00〜20:00/日曜、祝日、5月19日休廊
    場所:Chika Ecoda
    金切り声のあとでー内山翔二郎と小西光裕
    日本大学美術学科彫刻コースで運営しているスペースChika Ecodaの展覧会のお知らせです。
    第9回目となる今回はコーディネーターとして美術ライターの藤田千彩氏にご協力を頂きました。
    金属にこだわり、彫刻を制作する二人の作家による展覧会です。
    12/05/09 release
    Chika Ecoda 第8回展示企画「舞劇 竹取物語 アーカイブ」
    日程:2012年4月9日(日)~2012年4月28日(日)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chica Ecoda
    展覧会名

    Chika Ecoda 8回展示企画「舞劇 竹取物語 アーカイブ」

    日時:4月9日(月)ー4月28日(土)9時ー20 日曜、410日(火)会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇*日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/

     

    投稿:彫刻研究室

     

    12/04/08 release
    Chika Ecoda第7回企画展示 「ニューメソッド」
    日程:2011年12月22日(木)~2011年12月27日(火)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    日本大学美術学科彫刻コースで今年より試験的に始めたスペースChika Ecodaの展覧会のお知らせです。今年最後、第7回となる今回は、日本大学大学院芸術研究科造形芸術専攻彫刻コースと武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コースそれぞれの有志による展覧会「ニューメソッド」を開催します。両大学院の彫刻コースでは今年、初の試みとして、武蔵野美術大学にて合同展「かたち道」を開催しました。この展覧会は両大学院生の交流と発奮を期待して企画されました。本展はその後の展開と成果のひとつとして、大学院生達が自ら動き、企画したものです。彼/彼女らは企画に際し、自らに課題を出しました。タイトルの「ニューメソッド」が示す通り、「いままで使っていない素材を使うことで新しい方法を導きだす」ということが本展の課題です。そして、この課題を作家として活躍する両大学の教員にも投げかけ、参加を促しました。両大学の大学院生有志と教員の総勢12名による。実験的な展示です。

     

    Chika Ecoda 7回展示企画 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース+日本大学大学院芸術研究科造形芸術専攻彫刻コース「ニューメソッド」

    日時:20111222日(木)ー1227日(火)9時ー201223日(金)、25日(日)休み 会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科美術工房準備室脇連絡(彫刻研究室):03-5995-8509 tomii.motohiro@nihon-u.ac.jp企画:倉岡良太(日本大学大学院芸術研究科造形芸術専攻彫刻コース1年)出品作家:亀島悠平、川越亜優美、河村俊太朗、倉岡良太、酒井厚志、杉内あやの塚原教子、椋本真理子、八木麻里、伊藤誠、鞍掛純一、冨井大裕

    展覧会について武蔵野美術大学大学院彫刻コースと日本大学大学院彫刻コースの交流展です。今回の展示にはルールが設けてあります。「自分が一度使ったことのある素材は使ってはいけない」。彫刻作品において素材が占める割合は大きいのではないでしょうか。あるスタイルが確立している場合、素材ありきで成立していることが多いように思われます。そして、形式は素材と方法も不可分の関係にあるでしょう。つまり新しい素材による新しい方法によっていままでと違った作品が生まれるのか。加えて新形式で意味内容も変わるのかあるいは変わらないのか。彫刻作品が成立する過程を捉え直す機会になれば良いと考えています。本展企画者:倉岡良太(日本大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻彫刻コース1年)

    投稿:彫刻研究室

     

     

    11/12/02 release
    ChikaEcoda第6回企画展示 國府理「KOKUFUMOBIL:回転する歯車は並行世界の夢を見るか?」
    日程:2011年11月22日(火)~2011年12月17日(土)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    日本大学美術学科彫刻コースで今年より試験的に始めたスペースChika Ecodaの展覧会のお知らせです。第6回となる今回はゲストキュレーターに京都精華大学非常勤講師の藤井匡氏を迎えて、彫刻家 國府理氏の個展「KOKUFUMOBIL:回転する歯車は並行世界の夢を見るか?」を開催します。

     

    Chika Ecoda 6回展示企画 國府理「KOKUFUMOBIL:回転する歯車は並行世界の夢を見るか?」日時:1122()1217() 9時ー20 日祝、1213()休み会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇*日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/
企画:藤井匡 主催:日本大学芸術学部美術学科彫刻研究室特設HPartsite.jp/kokufu/

    以下は企画者の藤井匡氏の展覧会ステートメント
KOKUFUMOBIL とは、國府理によって制作された、乗り物などの機能を有する一群の彫刻作品を指す言葉です。これらの作品は、アーティスト自らが様々な加工機械を駆使することで生み出されています。そのため、現実に制作可能ながらも、現実には決して制度化されない"彫刻としての乗り物" として社会に存在することになるのです。それは、現実とは異なるもうひとつの社会 (並行世界)を想起させると同時に、現実の社会を相対的なものとして見直す「批評」の力をもつことになります。本展では、アーティストの ""を経由しながら生成する作品と思想を通して、彫刻における「リアル」と「フィクション」の関係性を検討したいと思います。

    是非、ご高覧ください。

     

    投稿:彫刻研究室

     

    11/11/16 release
    Chika Ecoda 第5回展示企画「柳原義達-生命の彫刻-」
    日程:2011年7月18日(月)~2011年7月23日(土)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    Chika Ecoda 5回展示企画「柳原義達-生命の彫刻-」

    日時:718日(月)ー723日(土)9時ー20 会期中無休会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇*日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/

     

    投稿:彫刻研究室

     

    11/07/02 release
    Chika Ecoda 第4回展示企画「Master Course Sculpture Exihibition」
    日程:2011年7月11日(月)~2011年7月16日(土)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    Chika Ecoda 4回展示企画「Master Course Sculpture Exihibition

    日時:711日(月)ー716日(土)9時ー20 会期中無休会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇*日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/

     

    投稿:彫刻研究室

     

    11/07/01 release
    Chika Ecoda 第3回展示企画 松本隆「土が嵌る時間」
    日程:2011年6月20日(月)~2011年7月2日(土)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    日本大学美術学科彫刻コースで今年より試験的に始めたスペースChika Ecodaの展覧会のお知らせです。

    日本大学美術学科彫刻コースでは、芸術学部江古田校舎の地下一階にある彫刻コースのロビーを、学外学内の枠を外した美術を実践的に考える場として活用できないかと思い、今年よりスペースをChikaEcodaと名付けました。展覧会の開催をメインにレクチャーやイベントなどを「ささやかながらも濃い内容」で行っていきます。また、同時に目黒区美術館学芸員の石崎尚さんと共同で「スパーリング」と題した、主に彫刻をテーマとした自主勉強会を開始しました。こちらも学内外、教員、学生を問わずに、自由参加/基本隔週のスケジュールで行っています。

     

    次回は、彫刻家 松本隆の展覧会「土が嵌る(はまる)時間」を開催します。一貫してテラコッタ(土を焼成させることによる表現)の彫刻を制作してきた松本は、近年ではテラコッタに留まらず、様々な技法による表現を展開しています。また、627日には作家を招いてスパーリングを開催しテラコッタ、陶による彫刻表現の可能性について考えていきます。

     

    Chika Ecoda 3回展示企画 松本隆「土が嵌る時間」日時:620日(月)ー72日(土)9時ー20日曜休廊 623(木)は17時まで 25(土)は12時まで会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇*日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/

     

    投稿:彫刻研究室

     

    11/06/02 release
    Chika Ecoda 第2回展示企画 鞍掛純一「かたちを生む方法」
    日程:2011年5月30日(月)~2011年6月11日(土)
    時間:9:00〜20:00
    場所:Chika Ecoda
    展覧会名

    Chika Ecoda 2回展示企画 鞍掛純一「かたちを生む方法」

    日時:530日(月)ー611日(土)9時ー20

    会期中無休 但し530日は16時まで 65日は17時まで

    会場:Chika Ecoda (日本大学芸術学部(江古田校舎)西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇)

    176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 西棟地下1 美術学科 美術工房準備室脇

     

    投稿:彫刻研究室

     

    11/05/15 release
« 1 (2) 3 »