メインメニュー
    N+N展2015 The彫刻―Nichigei彫刻の現在
    日程:2015611日(木)~30日(火)(休館日:月曜日)
    時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
    場所:練馬区立美術館3階展示室
    展覧会名 

    練馬区立美術館にて開催する運びとなりました。是非、足を御運びくださいますよう、お願い致します。

    ・趣旨

     日本大学芸術学部美術学科彫刻コースは、柳原義達や土谷武ら歴代の教授陣による薫陶のもと、ブロンズの具象彫刻と鉄の抽象彫刻で知られてきましたが、現在、教職員や卒業生の個性的な作家たちが、さまざまなテーマと素材で、創作を展開しています。作品の様態や発表方法などが多様化する今日において、日藝の彫刻の現在を提示しながら、改めて彫刻とは何か、彫刻に何が可能かを問うものです。なお、本展覧会は平成27年度日本大学芸術学部長指定研究として開催されます。

    ・出品予定者: 大槻孝之、鞍掛純一、飯田竜太、内山翔二郎、平林洋、松本隆、長谷川佐知子、和田政幸、桐生ミナミ、今村克、豊島鉄也
     
    ・参考出品: 柳原義達、土谷武

     

    ・催事
     
      *ワークショップ「中高生のための彫刻入門」
    :6月14日(日)13:30~16:00
    :担当 大槻孝之
     
     *講演会「彫刻よ立って歩け:彫刻の歴史と現在」
    :6月20日(土)14:00~15:30
    :担当髙橋幸次
     
     *美術の森緑地の作品解説(美術館前庭)
    :6月27日(土)14:00~
    :担当 鞍掛純一、内山翔二郎  
     
     *アーティスト・トーク「私の彫刻観」(ロビー)
    :6月27日(土)15:00~
    :担当 出品作家
     

     

    15/05/30 release
    N+N展2014 油絵の魅力 うつくしい いろ・かたち・マティエールー世代を超えて伝わるもの
    日程:2014年7月3日(木)~2014年7月13日(日)
    時間:10:00〜18:00(入館17:30まで 月曜休館)入場無料
    場所:練馬区立美術館
       〒176−0021
       東京都練馬区貫井1-36-16
       03-3577-1821
    展覧会名
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Charmes de la peinture à l‘huile couleur forme matière
    日本大学芸術学部(通称日藝)美術学科と練馬区立美術館、双方の頭文字を冠した『N+N展』も6回目を迎えます。今回は油彩画に焦点を絞った企画展です。「油絵のうつくしい いろ・かたち・マティエール ー世代を超えて伝わるもの」この大いなるテーマに、この道の先達、中堅から若手まで本学にゆかりある26人の作家が近作と初期作品を併せて出品する大変興味深い展示となりました。“油絵の魅力”にあふれる50余点を是非ともご覧ください。
                日本大学芸術学部准教授、立軌会同人、N+N展2014担当 福島 唯史 
     
    出品作家 (※は日大芸術学部卒)
    赤堀 尚  (1927年生、立軌会同人、元日本大学芸術学部講師)
    笠井 誠一 (1932年生、立軌会同人、愛知県立芸術大学名誉教授)
    星 守雄  (1934年生、国画会会員、元日本大学芸術学部教授)
    小杉 小次郎(1944年生、無所属)※
    酒井 信義 (1944年生、無所属、元日本大学芸術学部教授)
    櫻井 孝美 (1944年生、土日会代表、日本大学芸術学部講師)※
    佐藤 泰生 (1945年生、新制作協会会員、和光大学教授)
    大庭 英治 (1950年生、立軌会同人、日本大学芸術学部教授)
    吉岡 正人 (1953年生、二紀会委員、埼玉大学教授、日大芸術学部講師)
    太田 冬美 (1959年生、立軌会同人、日本大学芸術学部講師)
    傍島 幹司 (1960年生、無所属)
    竹原 祥司 (1961年生、立軌会同人)
    瀬島 匠  (1962年生、独立会員、東北芸工大准教授、日本大学芸術学部講師)
    寺久保 文宣(1964年生、白日会常任委員、日展会員、日大芸術学部講師)
    福島 唯史 (1967年生、立軌会同人、日本大学芸術学部准教授)※
    蛯子 真理央(1969年生、写実画壇会員、日本大学芸術学部講師)
    宮本 薫  (1972年生、国画会会員、練馬区美術家協会会員)※
    三浦 高宏 (1978年生、無所属、日本大学芸術部講師)
    嶋村 有里子(1979年生、無所属)
    坪井 麻衣子(1979年生、無所属、横浜美術大学助手)※
    石田 淳一 (1981年生、白日会会員)※
    渡辺 有葵 (1981年生、新制作協会出品)※
    張 麗寧  (1981年生、無所属)※
    髙橋 和正 (1982年生、白日会準会員)※
    設楽 俊  (1985年生、無所属、日本大学芸術学部助手)※
    大山 智子 (1985年生、無所属)※
     
    関連プログラム
    ■ギャラリートーク(事前申し込み不要)
    7月5日(土)15:30〜17:00展示室
    赤堀 尚、笠井 誠一、傍島 幹司、竹原 祥司、寺久保 文宣、蛯子 真理央、福島 唯史(予定)
     
    ■講演会 『油絵のメカニズムと技法と材料のコツ』(事前申込制、抽選)
    7月12日(土)14:00〜15:30 定員60名 対象:中学生以上 視聴覚室
    講師:三浦 高宏
    ※申し込み方法は6月1日号の練馬区報または美術館ホームページをご覧ください。
    美術館HP
     
     
    投稿:絵画専攻 設楽
    14/06/25 release
    N+N展2013「アートいないいないばあ―アートの思考法」
    日程:627日(木)~77日(日)
    時間:10時ー18時(入館は17時30分まで)
    場所:練馬区立美術館
    展覧会名

     

     

    N+N展2013「アートいないいないばあ―アートの思考法」
     
    主催:日本大学芸術学部美術学科+練馬区立美術館(平成25年度芸術学部長指定研究)
    会場:練馬区立美術館 176-0021 東京都練馬区貫井1丁目3616 tel03-3577-1821
    会期:627日(木)~77日(日)10時ー18時(入館は17時30分まで)
    休館日:月曜日
    観覧:無料
    出品者:笹井祐子、大槻孝之、鞍掛純一、冨井大裕、福島唯史、設楽俊、内山翔二郎、大橋朋美、北澤一伯、
        瀬島匠、タムラサトル、田中里実、川上央、海老沢一仁、Nerhol(飯田竜太、田中義久)、東川哲也

    イベント:ワークショップ『マスキングテープで、いないいないばあ  地上絵をつくる
    *事前申込制・抽選
    講師:海老沢一仁(出品作家) 
    日時:629日(土)14 — 17
    参加人数:20人 対象年齢:小学生以上
    会場:練馬区立美術館 創作室
    参加費:無料
    申し込み方法:美術館HPまたは「ねりま区報」をご覧下さい
    http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

    アーティスト・トーク『「あそびごころ」でアートする』
    *事前申込不要
    大槻孝之(出品作家、美術学科教授)、笹井祐子(出品作家、美術学科准教授)藤原成一(表象文化論、評論家)
    日時:630日(日)14
    会場:展示室

    シンポジウム「アートで考える/アートを考える」
    * 事前申込不要
    パネリスト:大西若人(朝日新聞編集委員)、蔵屋美香(東京国立近代美術館 美術課長)
          髙橋幸次(本展企画者、美術学科教授)、冨井大裕(出品作家、美術学科助教)
    日時:76日(土)14
    会場:ロビー

     

    13/06/21 release
    N+N展2012 触れる‐感覚のレッスン‐
    日程:2012年6月28日(木)~2012年7月8日(日)
    時間:10:00〜18:00
    場所:練馬区美術館
    展覧会名

    2012年 628日(木)〜78日(日)

    午前10時〜午後6時(入館は530分まで)月曜休館 入場無料

    主催=練馬区立美術館/日本大学芸術学部美術学科

     

     

     

     

     

     

     

    展覧会関連イベント

    ①ダンス「薔薇」

     江上真子(日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース3年生)

    創舞 笹山志保(演劇学科助手)+彫刻・舞台装置 鞍掛純一(美術学科教授)+音楽 川上央(音楽学科教授)+音楽学科情報音楽コースゼミ学生

    6月30日(土)16:00~30分程度

    会場:展示室 

    ②ワークショップ「大きな迷路の遊具ジャイアントメイズをみんなで作って遊ぼう」

    桑原淳司(デザイン学科教授)+デザイン学科学生

    7月7日(土)13:00~14:30

    会場:展示室

    対象・定員:小学生・10名(当日受付・先着順)

    ③野菜楽器制作ワークショップ+演奏会「野菜楽器を作って演奏しよう♪」

    川上央(音楽学科教授)+音楽学科情報音楽コースゼミ学生

    7月7日(土)16:00~17:00

    会場:創作室

    対象・定員:幼児~大人・30名(当日受付・先着順)

    ④講演会「触れる‐高村光太郎「触角の世界」から」髙橋幸次(美術学科教授)

    7月8日(日)15:00~16:30

    会場:視聴覚室

    対象・定員:高校生以上・60名(事前申込制・抽選)

    申込方法:①イベント名②住所③氏名(ふりがな)④年齢(学年)⑤電話番号を記入の上、往復はがき(東京都練馬区貫井1丁目3616号)またはEメール(museum@city.nerima.tokyo.jpEメールのタイトルは「NN展講演会申し込み」とする。

    出品作家

    美術 鞍掛純一・剣持和夫・内山翔二郎

    映画 奥野邦利

    音楽 川上央・音楽学科情報音楽コースゼミ学生

    デザイン 桑原淳司・木村政司・佐藤徹・細谷誠・石田純之助

    練馬区立美術館

    東京都練馬区貫井1丁目3616

    電話: 03-3577-1821

    http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

    西武池袋線中村橋駅より徒歩3

     

    投稿:美術学科

     

     

    12/06/20 release
    N+N展2011 生命を見つめる
    日程:2011年6月23日(木)~2011年7月3日(日)
    時間:10:00〜18:00
    場所:練馬区美術館
    展覧会名

    今年のNN展はアートにとって大切な表現のテーマである、「生き物」「生命の現われの諸相」に注目し、日本大学芸術学部教職員、旧教員、卒業生の作品、学部所蔵のコレクションなどから生命を見つめる作品(絵画/版画/彫刻/デザイン/映画/写真)80点ほどを展示します。

     

     

     

    2011年 623日(木)〜73日(日)午前10時〜午後6時(入館は530分まで)月曜休館 入場無料

主催=練馬区立美術館/日本大学芸術学部美術学科

○シンポジウム+アーティスト・トーク「生きているって何だろう:生命を見つめて」
625日(土)午後3時〜午後5時 美術館2F創作室(先着50名)/3F展示会場パネリスト:髙橋幸次(日本大学芸術学部教授)ほか

     

     

    練馬区立美術館

    東京都練馬区貫井1丁目3616

    電話: 03-3577-1821

    http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

    西武池袋線中村橋駅より徒歩3

     

    投稿:美術学科

     

    11/07/02 release
    N+N展 2010
春の嵐:日藝美術出身の若手作家たちの今
    日程:2010年4月3日(土)~2010年4月14日(水)
    時間:10:00〜18:00
    場所:練馬区美術館
    展覧会名

    美術学科出身の准教授3名、(絵画:福島唯史 版画:笹井祐子 彫刻:鞍掛純一)と、この10年の間の卒業生、約40名による大規模な展覧会です。

一作家、3点。総作品数120点にのぼる、絵画、版画、彫刻の各専攻を一堂に集めた発表です。

江古田校舎リニューアルに合わせ、同じ練馬区内の、練馬区立美術館にて開催します。

是非お立寄ください。

2010年 43日(土)〜414日(水)午前10時〜午後6時(入館は530分まで)月曜休館 入場無料

主催=練馬区立美術館/日本大学芸術学部美術学科

○シンポジウム「美術の力:今できること、したいこと」 43日(土)午後3時〜午後5時 美術館1F視聴覚室 パネリスト:髙橋幸次ほか

○アーティスト・トーク 411日(日)午前11時〜午後5時の間、随時開催 展示室

     

    10/04/02 release
    N+N 日本大学芸術学部美術学科教職員展
    日程:2009年4月3日(金)~2009年4月14日(火)
    時間:10:00〜18:00
    場所:練馬区美術館
    展覧会名

    200943日(金)ー 414日(火)の期間に教職員展示が開かれます。

出品するのは美術学科の専任教員、非常勤講師、助手、技術員の計36名。

場所は東京の練馬区立美術館です。

     

    開館時間は午前10時ー午後6時(入館は午後530分まで)、月曜日は休館日です。

入場は無料。ぜひお出かけください。

     

    09/04/02 release