教職員・スタッフの紹介

12/06/24 release
  • 小林未央子
  • 小林未央子

  • 埼玉県に生まれる。
  • 1994
    学習院大学人文科学研究科哲学専攻博士前期課程修了
  • 埼玉県立近代美術館、横浜美術館、東京文化財研究所などを経て、2008年から豊島区で展示スペースを開設準備中。

主な論文

  • 「山本鼎の姿勢―油絵三昧を目指して」(『春陽会 草創の画家たち』展カタログ、小杉放菴記念日光美術館・萬鉄五郎記念美術館、2003年4月)
  • 「槐樹社について」(『一九三○年協会/槐樹社』(近代日本アート・カタログ・コレクション074、青木茂監修・東京文化財研究所編纂)ゆまに書房、2004年10月)
  • 「なめらかな表面のために―小出楢重再考」(『美術研究』395号、2008年8月)「「桂川寛展 1950-2000 まなざしの先にあるもの」の記録」(『美術運動史研究会ニュース』119号、美術運動史研究会、2011年7月)

担当した主な展覧会

  • 「高山良策展 向こう側の気配」(2012年2月、熊谷守一美術館3階ギャラリー)