特徴

絵画の基礎および普遍性を重んじ、4年間じっくりと腰を据えて「絵画」を学び「絵」を描けるのが、絵画コース絵画専攻の最も大きな特徴と言えます。日藝のキャッチフレーズは「ふつうじゃない、が、ふつうです」ですが、「普通」とは「普遍に通ずる」ということ。そのためには先ず揺るぎない基礎を培うことが何より重要であり、その先にこそ「絵画」を学ぶ本当の意味が現れてくると考えます。

特に1・2年次は、デッサンおよび油彩で「人体」を描くことを基本に据え、西欧近代以降の色と形、そして絵画空間の考え方を主軸としたカリキュラム構成です。

日藝絵画での4年間は、絵画による表現の確立と同時に、個々の自立を目指します。

カリキュラム

1年次

1年次は、人物モデルを使った実習を中心に、自画像、静物、風景等のデッサン及び油彩などによる課題を反復して行い、身近なものや自然を見て描くための基礎を養います。また全員に版画と彫塑の集中実習も課しています。

2年次

2年次は、1年次に学んだ基礎的な内容及びそれらを少々発展させた内容の課題を反復して行い、3年次以降、各自の研究制作の糧となるよう、しっかりと基礎を固めます。

3年次

3年次から絵画専攻を選択した学生は、1・2年次に培った絵画の基礎を踏まえながら、より専門的な技法を習得し、知識、表現力の更なる向上に努めます。3年次以降は制作の方向性によってクラスを分け、少人数制によるきめ細やかな実技指導を行います。また古典技法(テンペラ画等)の集中実習も用意されています。

4年次

4年次には、これまでの研究制作の集大成として、担当教員の個別指導を受けながら、各自の表現に対する欲求や意識に応じたテーマで卒業制作を行います。完成した卒業制作は「卒博」(学内展)及び「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」(於:国立新美術館)に出品展示します。

施設

  • アトリエ

  • エレベーターホール

  • エレベーターホール

  • 絵画コース研究室

  • 美術学科 図書室

  • 研究室 D

  • 大学院アトリエ

卒業制作

  • 加賀屋真秀, pool, 2015

  • 当麻彩子, 呼吸, 2014

  • 染谷有紀, ドッコ, 2014

  • 干場月花, 止まっていても、動くもの。, 2015

  • 宮田みな美, シャンゼリゼ通り 雨, 2015

  • 横溝雄太, 与野東部, 2015

  • 関根悠姫, 神経系の自由, 2015