保護者の方へ
ご挨拶

美術、芸術というと、「よくわからない」「遊んでいるように見える」と言った認識を抱いている方が多いと思います。しかし、美術はさまざまな芸術の中でも、歴史的にも大きな役割を担い現在に至ります。昨今の科学技術の進歩や生活革新が急速に進む中、美術というジャンルも多様な変化を生み出し、日々進化しています。現代アートと呼ばれる、「よくわからないもの」もこのような流れの中から生まれた芸術の一つです。このような美術の新しい流れを見据えつつ、過去から現在、未来へとつながる普遍的な「本質」を探るカリキュラムを実施しています。

 

美術とはそもそも人が手で作り出す美しいものであり、人間が本来持っている豊かな創造力の結果生まれる産物です。人の力、手で描く、手で作るという本質を徹底的に追求していくのが、日本大学芸術学部美術学科の信念と言えます。絵画、彫刻を教えるだけでなく、自分の分身としての作品を制作していく上で、人間としても成長を遂げることをお約束したいと考えております。

保護者への
入試相談について

本学では、随時入学相談や学校訪問を受け入れておりますが、決まって「この学校はどういうところですか?」という質問をされます。入試相談では学生のやりたい気持ちを聞き出し、希望に沿った学科やコースを案内しますが、高校生にとっての進路は漠然としているのが現状です。それは、保護者も同様だと我々は考えています。保護者の方とご一緒に入試相談を聞かれにくる生徒は、視界がひらけたような表情を見せることがも少なくありません。保護者共々納得していただける道筋をお話しできると思っています。

 

本学美術学科では、保護者向けの入試相談会を、本年度から初めて開催します。お子さんの思いや希望を、日頃から聞いている保護者の方々に、少しでも不明な点が解消されること、充実した教育のもと、広く美術、芸術に関心がある学生を社会に排出することがこの説明会の意義であると考えています。お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

Coming Soon