特徴

絵画コースでは描くことの基礎的な力を身につける為に、1年次から2年次にかけて「ものを見て描く」ことを重視し、対象の中にある構造を理解し具体化することでデッサン力を身につけます。鉛筆による細密描写やムービングによるドローング、木炭による石膏デッサンなど、表現と素材を学びます。多様な素材や油彩による人体、静物、風景において色彩とかたちを学びます。
3年次から版画専攻では、版の基礎からはじまり、版表現の方向性の確立と同時に個々の作家としての自立を目指します。

カリキュラム

1年次

1年次は、人物モデルを使った実習を中心に、自画像、静物、風景等のデッサン及び油彩などによる課題を反復して行い、身近なものや自然を見て描くための基礎を養います。また全員に版画と彫塑の集中実習も課しています。

2年次

2年次は、1年次に学んだ基礎的な内容及びそれらを少々発展させた内容の課題を反復して行い、3年次以降、各自の研究制作の糧となるよう、しっかりと基礎を固めます。

3年次

3年次から版画専攻を選択した学生は、1・2年次に培った絵画の基礎を踏まえながら、版の表現を学びます。各自の研究制作の糧となるよう、しっかりと基礎を固めます。主に3版種(銅版・木版・リトグラフ)を中心に間接技法の基礎から応用までを習得し、知識、表現力の更なる向上に努めます。素材の研究としての紙漉き実習、技法と表現の研究として美術館見学や特別講義を行い、個々の表現や研究に繋げて行きます。

4年次

4年次には、制作意図の明確化や方向性を担当教員の個別指導を受けながら、これまでの研究制作の集大成として各自の表現に応じたテーマや版技法で卒業制作を行います。秋には「全国大学版画展」(於:町田市立国際版画美術館)や卒業制作は「卒博」(学内展)及び「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」(於:国立新美術館)に出品展示します。

施設

  • 版画室

  • 版画室

  • 版画室 エントランス

卒業制作

  • 伊藤里華, ヴィーナスの化粧, 2016, 銅版, 40 × 30 cm

  • 増崎麻衣, 群 Ⅰ, 2016, リトグラフ, 60 × 86.3 cm

  • 中井麻里, 愚王の童話(夕餉), 2016, リトグラフ, 66 × 90 cm

  • 田尻 龍, 記憶, 2016, 銅版, 90 × 70 cm

  • 木村祥乃, ひきよせられて, 2016, 銅版, 20 × 11 cm

  • 下澤希望, 世界, 2016, リトグラフ, 82 × 103 cm

  • 槌田華美, 発, 2016, 木版, 60.5 × 91.5 cm

  • 尹 貞元, Walk Ⅰ, 2016, 銅版, 56 × 76 cm

  • 松澤 綾, 或る日の森, 2016, 木版, 80.5 × 111.5 cm

  • 喜田幸之介 , 危ない, 2016, リトグラフ, 34 × 43.5 cm

  • 木村祥乃, 沈黙の棲家, 2016

  • 田中美咲, POOL, 2015