キャンパスニュース

2017.09.29

国際瀧冨士美術賞 本学彫刻コースより2名選出!

国際瀧冨士美術賞とは、芸術・文化の明日を担う美大生たちへ奨学金を付与している美術賞です。

パブリックアートの振興と、そのための人材育成を目的に、将来が嘱望され日本と外国の美術系大学の学生に奨学金を給付しています。現在、国内13、外国12の美術系大学が対象で、外国はアジア、米国、欧州にわたっています。奨学金は年間30万円。過去37年間で国内外あわせて延べ714人に対し、総額2億円以上の奨学金を給付しています。

 

本年度は異例の、2名が選出されました。

彫刻コースから優秀賞、特別賞が出ております。

 

優秀賞
及川 葵

日本大学芸術学部 彫刻コース 4年生(日本)

 

 

 

特別賞
植松 美月

日本大学芸術学部 彫刻コース 4年生(日本)

 

 

国際瀧冨士美術賞

 

 

さらにこの賞は、本学彫刻コース OB 大成哲 さんも受賞されております。

こちらのインタビューもどうぞ。

http://jptca.org/interview/20160318-8454/