メインメニュー
    第30回 公益財団法人北野生涯学習教育振興会 彫刻奨学生作品展
    日程:2014年12月9日(火)~12月20日(木)
    時間:10:00~18:00 日曜休み
    場所:日本大学芸術学部 江古田キャンパス
    展覧会名

    第30回(財)北野生涯教育振興会彫刻奨学生に選出された、姫野亜也さん、古瀬美菜さん、そして、日本大学芸術学部からは今村克さん、桐生ミナミさん、松山雄太さんの5名による展覧会が開催されます。

    ー第30回 公益財団法人北野生涯学習教育振興会 彫刻奨学生作品展ー
    彫刻奨学生
    -日本大学- 
    今村克 桐生ミナミ 松山雄太
    -武蔵野美術大学- 
    姫野亜也
    -多摩美術大学-
    古瀬美菜

    会期:2014年12月9日(火)~12月20日(木)
    10:00~18:00 日曜休み
    場所:日本大学芸術学部 江古田キャンパス にて三ヶ所
    ・正門横ギャラリー棟内…アートギャラリー/A&Dギャラリー
    ・西棟 3階…芸術資料館
    アクセス:日本大学芸術学部 江古田キャンパス
    〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
    -西武池袋 江古田駅下車
    北口より徒歩1分
    -都営地下鉄大江戸線 新江古田駅
    A2出口より徒歩7分

     

    投稿:彫刻研究室

    14/12/04 release
    Chika Ecoda 第16回展示企画 松本 隆 「土が嵌る時間」
    日程:2014年12月1日(月)→12日(金)
    時間:10時→19時
    7日(日)は休み。12/8作家によるレクチャーを18時から行ないます。
    場所:chika Ekoda 日大藝術学部江古田校舎 西棟地下1階 美術学科美術工房準備室脇
    展覧会名

    Chika Ecoda 第16回展示企画 松本 隆 「土が嵌る時間」

    日本大学美術学科彫刻コースでは、芸術学部江古田校舎の地下一階にある彫刻コースのロビーを、学外学内の枠を外した美術を実践的に考える場として活用できないかと考え、2011年よりスペースをChika Ecodaと名付け、活動を開始しました。不定期ではありますが、展覧会の開催をメインにレクチャーやイベントを「ささやかながらも濃い内容」で行っております。学内外問わず観覧は自由です。

    2014年12月1日より12日まで、彫刻家松本隆による展覧会「土が嵌る時間」を開催します。

    松本隆は、1967年に東京に生まれ、武蔵野美術大学彫刻学科で彫刻の基礎を学び、卒業後は一貫して土による彫刻表現を追求してきました。当初はテラコッタによる表現が主でしたが、近年では焼成をしない乾燥したままの表現、ブロンズによる表現にも積極的に取り組んでいます。当初は迷宮を思わせる土の襞が複雑に入り組んだ表現が特徴でしたが、使用する素材の多様化に伴い、近年は人体をモチーフとした具象的な表現に以降しています。土という古典的な技法と彫刻への執念とすら言える探求から生み出される作品群からは、彫刻への偏愛とも言える叙情性と、素材に対する研究者とも言える原理的な態度から染出る理知性が共存しています。

    Chika Ecodaでは、展覧会名を「土が嵌る時間」と題し、釉薬を用いた陶表現による新作を出品します。
    また、会期中の12月8日(月)には、作家よるレクチャーを予定しています。
     

    日程:2014年12月1日(月)→12日(金)
    時間:10時→19時7日(日)は休み。
    場所:chika Ekoda 日大藝術学部江古田校舎 西棟地下1階 美術学科美術工房準備室脇
    12/8作家によるレクチャーを18時から行ないます。
     

    日本大学江古田校舎までのアクセスhttp://www.art.nihon-u.ac.jp/access/


    〒176-8525 東京都 練馬区 旭丘 2-42-1 日本大学 芸術学部 西棟 地下 1 階 彫刻研究室脇

    問い合わせ(担当:冨井):03-5995-8509tomii.motohiro@nihon-u.ac.jp

    主催:日本大学芸術学部美術学科彫刻研究室

     

    投稿:彫刻研究室

     

     

    14/11/29 release
    SHOW
    日程:2014年11月15日(土)~2014年11月26日(水) 日曜休み
    時間:11:00-19:00 入場は18:30まで  オープニングレセプション11/15 18:00-20:00
    場所:ターナーギャラリー
    展覧会名

    日本大学大学院造形芸術専攻の学生たちによる展覧会です。

    アベムツミ/今村克/大矢享/岡ノ谷美依/奥谷萌/菊地彩/桐生ミナミ/豊島鉄也/松谷崇希/渡部仁美

     

    詳しくはこちら

     

    投稿:彫刻研究室

    14/10/31 release
    金属実習作品展示
    日程:2013年11月5日(木)~2013年11月14日(金)
    時間:9:00〜20:00 日曜休み
    場所:日本大学芸術学部所沢校舎
    展覧会名

    彫刻コースの2年生が金属実習課題の作品展示を行います。

    是非ご覧ください。

     

    〒359-8525 埼玉県所沢市中富南4-21
    (西武新宿線航空公園駅・JR武蔵野線東所沢駅よりバス15分)
     
    投稿:彫刻研究室
    14/10/29 release
    メキシコ版画展
    日程:2014年10月7日(火)~2014年11月3日(月)
    時間:10:00〜18:00 最終日17:00まで 日曜・祝日 休廊
    場所:日本大学芸術学部江古田校舎 A&Dギャラリー
    展覧会名

     

    美術学科企画として「メキシコ版画展」を開催しております。

    芸術祭の最終日まで展示しておりますのでぜひご覧下さい。

     

     

     

     

     

                                 

                                        投稿:版画研究室

    14/10/24 release
    鷹尾俊一展 「像」
    日程:2014年11月5日(水)~2014年11月22日(土)
    時間:10:00〜18:00 日曜日休み
    場所:江古田校舎 アートギャラリー、A&Dギャラリー
    展覧会名

    彫刻コース非常勤講師、鷹尾俊一先生の個展のお知らせです。

    日程:2014年11月5日(水)~2014年11月22日(土)
    時間:10:00〜18:00 日曜日休み
    場所:江古田校舎 アートギャラリー、A&Dギャラリー
    *日本大学江古田校舎までのアクセス http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/
     

    〒176-8525東京都練馬区旭丘2-42-1 日本大学芸術学部 江古田校舎

    TEL:03-5995-8230 (美術学科事務室)

    投稿:彫刻研究室
    14/10/21 release
    第6回 柳瀬荘アート・教育プロジェクト「アウェーゲーム ー茶碗に勝てるかー」
    日程:2014年10月9日(木)ー11月2日(日)〈木ー日曜日のみ開館〉
    時間:10:00ー16:30
    場所:柳瀬荘(〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下437)
    展覧会名

    ―地域に眠る文化・芸術・自然・建造物から生まれるアートの開拓と地域との対話―

     埼玉県所沢市の「柳瀬荘」において、地域に眠る文化・芸術・自然・建造物から生まれるアートの開拓と地域との対話を企画テーマにして、東京国立博物館と日本大学芸術学部に共催により、美術鑑賞と教育普及のプログラムを実施します。

     

    □会期
    2014年10月9日(木)ー11月2日(日)
    〈木ー日曜日のみ開館〉10:00ー16:30


    □出品作家
    飯田竜太、今村克、内山翔二郎、正親優哉、大槻孝之、北澤一伯、桐生ミナミ、鞍掛純一、小峰英利、関口茂る、玉野綾子、寺内曜子、冨井大裕、豊島鉄也、野口由里子、長谷川佐知子、林舞子、平林洋、船橋みふゆ、松本隆

    □主催、共催など
    主催:東京国立博物館、日本大学芸術学部
    協賛:埼玉芸術文化祭2014
    後援:所沢市教育委員会、新座市教育委員会
    協力:特定非営利活動法人コンテンポラリーアートジャパン(さいたま美術展〈創発〉プロジェクト参加行事)

    □備考
    出品条件:両手の掌を合わせた大きさに収まること。
    ただし、説明責任が果たせる範囲においての、極端に主観的な解釈や戦略的な台本破りを歓迎する。

    趣旨:
    本展は美術と社会の関係を考えるための実験である。近代的な絵画や彫刻の視点から、工芸作品の「弱さ」は度々指摘されてきた。この評価の前提となるのは、文化的背景を切断したホワイトキューブでの鑑賞である。この場所で、自律的な表現の追求ではない工芸が弱く見えるのは当然だ。それは本来、柳瀬荘のような場所をホーム(本拠地)とし、所作などを含めた文脈の中で成り立つ。逆に、この地をアウェー(敵地)とする絵画や彫刻を展示するならば、それ相応の対策が必要になるだろう。本展の目的は、こうした状況下で、美術の可能性を考察することである。何も茶室に限った話ではない。公園や街路、オフィスビル、ホテルの一室。ホワイトキューブ以外の場所はほとんど全て、美術にとってはアウェーの地となる。アウェーではアウェーなりの戦い方が要求されるはずだ。そのために、まずは美辞麗句になってしまったサイト・スペシフィックという言葉を捨ててみる。(藤井匡 日本大学芸術学部美術学科 非常勤講師)


    □イベント
    ◯入場料、参加費は全て無料です。
    ◯ワークショップ及び講演、舞踊公演、茶会は事前申込制です。
    「参加イベント名、住所、氏名、学年、電話番号、必要に応じて保護者名」を記入してFAXでお申し込みください。
    総合お問い合わせ先:日本大学芸術学部 所沢校舎 庶務課 Tel:04-2993-2211

    イベント①
    「柳瀬荘茶会」
    日時:10月12日(日)11:00ー15:00
    *二種類の茶席を4回に分けて催します(11:00ー/12:00ー/13:00ー/14:00ー)
    申込は回毎にお申し込みください(申込例:薄茶席、11:00の回)
    薄茶席(各回10名前後)|会場:斜月亭 上の間
    濃茶席(各回5名)|会場:久木庵 茶室
    亭主:日本大学芸術学部茶道部

    イベント②
    ワークショップ 「柳瀬荘竹取物語」
    日時:10月19日(日)13:00ー
    内容:出品作家、造形芸術専攻(彫刻)大学院生によるワークショップ
    日本のおとぎ話「竹取物語」では、竹林の中で輝く竹の中からかぐや姫が見つかりました。柳瀬荘の竹林からは何が見つかるでしょうか?今回のワークショップでは、切り出した竹を自分だけの器に見立て、その中に柳瀬荘の周りで見つけた宝物を入れることで、あなただけの「柳瀬荘竹取物語」を完成させます。
    講師:桐生ミナミ(出品作家、大学院芸術学研究科造形芸術専攻2年)
    今村克(出品作家、大学院芸術学研究科造形芸術専攻1年)
    豊島鉄也(出品作家、大学院芸術学研究科造形芸術専攻1年)
    対象:小学生から一般まで(但し、小学生3年生以下は保護者同伴のこと)
    定員:20名[応募締切:10月12日(日)]

    イベント③
    講演会、アーティストトーク
    日時:10月26日(日)14:00ー
    内容:東京国立博物館研究員による講演と出品作家によるアーティストトーク
    講師:講師未定
    アーティストトーク:出品作家、藤井匡(本展企画者、美術学科非常勤講師)

    イベント④
    パフォーマンス 「横笛・彫刻・ダンス」
    日時:10月26日(日)15:30ー
    内容:舞台芸術専攻大学院生、演劇学科学生、卒業生によるパフォーマンス
    出演:山田沙耶(演劇学科4年)伊藤優布子(演劇学科3年)
    江上真子(演劇学科卒業生)
    横笛:稲垣慶子(大学院芸術学研究科舞台芸術専攻2年)
    創舞:笹山志帆(大学院芸術学研究科舞台芸術専攻2年)
    彫刻:鞍掛純一(出品作家、美術学科教授)
     

    投稿:彫刻研究室

     

    14/10/05 release
    Chika Ecoda 第15回展示企画 中野浩二彫刻展 "少年大統領"
    日程:2014年7月7日(月)→19日(土)
    時間:9時→20時
    13日(日)は休み。施設の都合により19時に終了する場合がございます。
    場所:chika Ekoda 日大藝術学部江古田校舎 西棟地下1階 美術学科美術工房準備室脇
    展覧会名

    Chika Ecoda 第15回展示企画
    中野浩二彫刻展 "少年大統領"
    2014年7月7日(月)→19日(土) 9時→20時
    13日(日)は休み。施設の都合により19時に終了する場合がございます。

    会場 chika Ekoda 日大藝術学部江古田校舎 西棟地下1階 美術学科美術工房準備室脇

    〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
    西武池袋線各駅停車にて江古田駅下車北口より徒歩1分

    アーティストトーク 7月12日(土)18時〜

    お問い合わせ 03-5995-8509 (日大藝術学部美術学科彫刻研究室) Tomii.motohiro@nihon-u.ac.jp

    企画=豊島鉄也
    主催=日本大学藝術学部美術学科彫刻研究室
    協力=ロイドワークスギャラリー

    14/07/04 release
    N+N展2014 油絵の魅力 うつくしい いろ・かたち・マティエールー世代を超えて伝わるもの
    日程:2014年7月3日(木)~2014年7月13日(日)
    時間:10:00〜18:00(入館17:30まで 月曜休館)入場無料
    場所:練馬区立美術館
       〒176−0021
       東京都練馬区貫井1-36-16
       03-3577-1821
    展覧会名
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Charmes de la peinture à l‘huile couleur forme matière
    日本大学芸術学部(通称日藝)美術学科と練馬区立美術館、双方の頭文字を冠した『N+N展』も6回目を迎えます。今回は油彩画に焦点を絞った企画展です。「油絵のうつくしい いろ・かたち・マティエール ー世代を超えて伝わるもの」この大いなるテーマに、この道の先達、中堅から若手まで本学にゆかりある26人の作家が近作と初期作品を併せて出品する大変興味深い展示となりました。“油絵の魅力”にあふれる50余点を是非ともご覧ください。
                日本大学芸術学部准教授、立軌会同人、N+N展2014担当 福島 唯史 
     
    出品作家 (※は日大芸術学部卒)
    赤堀 尚  (1927年生、立軌会同人、元日本大学芸術学部講師)
    笠井 誠一 (1932年生、立軌会同人、愛知県立芸術大学名誉教授)
    星 守雄  (1934年生、国画会会員、元日本大学芸術学部教授)
    小杉 小次郎(1944年生、無所属)※
    酒井 信義 (1944年生、無所属、元日本大学芸術学部教授)
    櫻井 孝美 (1944年生、土日会代表、日本大学芸術学部講師)※
    佐藤 泰生 (1945年生、新制作協会会員、和光大学教授)
    大庭 英治 (1950年生、立軌会同人、日本大学芸術学部教授)
    吉岡 正人 (1953年生、二紀会委員、埼玉大学教授、日大芸術学部講師)
    太田 冬美 (1959年生、立軌会同人、日本大学芸術学部講師)
    傍島 幹司 (1960年生、無所属)
    竹原 祥司 (1961年生、立軌会同人)
    瀬島 匠  (1962年生、独立会員、東北芸工大准教授、日本大学芸術学部講師)
    寺久保 文宣(1964年生、白日会常任委員、日展会員、日大芸術学部講師)
    福島 唯史 (1967年生、立軌会同人、日本大学芸術学部准教授)※
    蛯子 真理央(1969年生、写実画壇会員、日本大学芸術学部講師)
    宮本 薫  (1972年生、国画会会員、練馬区美術家協会会員)※
    三浦 高宏 (1978年生、無所属、日本大学芸術部講師)
    嶋村 有里子(1979年生、無所属)
    坪井 麻衣子(1979年生、無所属、横浜美術大学助手)※
    石田 淳一 (1981年生、白日会会員)※
    渡辺 有葵 (1981年生、新制作協会出品)※
    張 麗寧  (1981年生、無所属)※
    髙橋 和正 (1982年生、白日会準会員)※
    設楽 俊  (1985年生、無所属、日本大学芸術学部助手)※
    大山 智子 (1985年生、無所属)※
     
    関連プログラム
    ■ギャラリートーク(事前申し込み不要)
    7月5日(土)15:30〜17:00展示室
    赤堀 尚、笠井 誠一、傍島 幹司、竹原 祥司、寺久保 文宣、蛯子 真理央、福島 唯史(予定)
     
    ■講演会 『油絵のメカニズムと技法と材料のコツ』(事前申込制、抽選)
    7月12日(土)14:00〜15:30 定員60名 対象:中学生以上 視聴覚室
    講師:三浦 高宏
    ※申し込み方法は6月1日号の練馬区報または美術館ホームページをご覧ください。
    美術館HP
     
     
    投稿:絵画専攻 設楽
    14/06/25 release
    Chika Ecoda 第14回展示企画 平林洋 彫刻展

    日程:2014年6月25日~2014年7月2日

    時間:10時〜19時

    場所:chika Ekoda 日大藝術学部江古田校舎 西棟地下1階 美術学科美術工房準備室脇



    展覧会名

    日本大学美術学科彫刻コースでは、芸術学部江古田校舎の地下一階にある彫刻コースのロビーを、学外学内の枠を外した美術を実践的に考える場として活用できないかと考え、2011年よりスペースをChika Ecodaと名付け、活動を開始しました。不定期ではありますが、展覧会の開催をメインにレクチャーやイベントを「ささやかながらも濃い内容」で行っております。学内外問わず観覧は自由です。


     


    Chika Ecoda 第14回展示企画 平林洋 彫刻展


    日程:2014年6月25日~2014年7月2日

    時間:10時〜19時

     


    場所:chika Ekoda 日大藝術学部江古田校舎 西棟地下1階 美術学科美術工房準備室脇

     


    本大学江古田校舎までのアクセスhttp://www.art.nihon-u.ac.jp/access/




    〒176-8525 東京都 練馬区 旭丘 2-42-1 日本大学 芸術学部 西棟 地下 1 階 彫刻研究室脇


    問い合わせ(担当:冨井):03-5995-8509tomii.motohiro@nihon-u.ac.jp


    主催:日本大学芸術学部美術学科彫刻研究室



     

    投稿:彫刻研究室

    14/06/25 release
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 9 »